安眠

安眠

安眠の方法、ツボやグッズなどをご紹介します。

スポンサード リンク
激安通販生活 > 安眠

安眠方法

ぐっすり眠れると疲れがとれて目覚めが爽快です。

よく眠るためにはリラックスするできる環境、

緊張していない身体の状態が必要です。

音楽を流したり照明を落としたりして環境を作り、

低い温度のお風呂に入ったり、ストレッチをしたりして

血行を良くし、身体を弛緩させましょう。

安眠グッズ

眠りに問題を抱えている人は意外と多く

安眠グッズも様々な商品が世に送り出されています。

暑い時期にはクールマット、吸湿マット、いぐさシーツ、蚊帳

冬には湯たんぽ、季節物意外ではアイマスク、耳栓、

歯ぎしり・いびき防止アイティム、サプリ、テンピュール枕、

チェリーストーンピロー、バス用品、CD、などなど。

自分が心地よいと感じられる安眠グッズを手に入れて

ぐっすり眠りたいですね。

安眠 ツボ

不眠が常習化している人は、ストレッチやツボのマッサージを習慣に

しましょう。身体が緩んで血の巡りが良くなり、リラックスして

よく眠れるようになりますよ。

安眠のツボは足の裏にあります。つちふまずを気持ちいいと感じられる

強さでもみましょう。疲労回復につながります。

また、首の側面にも安眠のツボがあります。耳の後ろから鎖骨に向かって

リンパマッサージをするようなイメージで指圧します。

ツボをダイレクトに見つけるのは難しいので

その周辺を指圧マッサージすると良いですよ。

安眠法

安眠するにはまず朝太陽を浴びること。体内時計が正しく働くようにします。

そして夕飯は20時までに済ませます。ご飯を食べて身体の活動を高めて

しまうとよく休めなくなります。

お風呂はぬる目にし、就寝前はストレッチをしたりゆっくりした気分になれる

音楽を聞いたりしましょう。

寝酒は眠りが浅くなってしまうのでやめましょうね!

安眠 アロマ

安眠グッズの一つにアロマがあります。

ポットで炊いたり、マッサージオイルとして使ったり、ハーブウォーターにして

スキンケアにしたり。また、ジャスミンティも安眠作用があるんですよ。

お手軽なのはやっぱりポットで精油の香りを部屋に炊く方法でしょうか。

ラベンダーやカモミール、ベルガモットなどが良いですよ。

心身をリラックスさせる作用があるんです。

安眠 トップへ戻る