だるさ

だるさ

夏ばてや生理前のだるさなど、倦怠感の全般的なことについてまとめています。

スポンサード リンク
激安通販生活 > だるさ

体のだるさ

「あ~!だるい!」思わずこんな言葉が口から出てしまうことがありますよね。

原因がはっきりわかっている場合は良いんです。

同じ姿勢で寝続けたとか、日ごろしない運動を急にしたとか・・・。

そうでない場合は、もしかしたら、自律神経失調症、肝炎、糖尿病などの

疾患から倦怠感が起こっていることがあります。または、鬱症状から

来ている場合もあります。

これ!という原因がわからない時は、何らかの病気を疑って

最寄の病院で一度検査をしてみるのが良いかもしれません。

だるさ 解消

一口にだるいと言ってもそれが何から来ているかは人それぞれですが

ついつい夜更かししてしまう、精神的ストレスが大きい、

そういう時は、ちょっと気を引き締めて規則正しいリズムで生活してみましょう。

同じ時間に起きて同じ時間に寝る。そして、栄養のバランスの良い

食事を心がける。それから、運動してみる。運動が嫌いならせめて

ストレッチをしてみる。

そんなところからだるさって解消されていくんですよ。

眠気 だるさ

身体がだるい、眠い、朝起きれない・・・。

眠気とだるさは何も5月病に限った症状ではありません。

このような症状は身体的な病気から起こったり、

精神的な問題から起こったり、運動などで身体を動かしたことによる

疲労から起こったりします。

ちなみに、妊娠中も眠気とだるさがあります。

まずはよく休んで、適度に運動し、栄養バランスの取れた食事を

心がけましょう。思い当たる疾患がある場合は早急に医療機関で

受診しましょう。

夏のだるさ

夏って暑くてしんどい、だるいですよね。

このだるさは何かというと、暑さがストレスとなって食欲が落ち、

栄養が良く摂れなくなってしまうところから来ているんです。

冷たくて食べやすい麺類では、身体の中でエネルギーを作ることができません。

エネルギーを作って元気に動くにはビタミンが必要です。

ビタミンがたくさん含まれている豚肉や緑黄色野菜を

たっぷりとって暑い夏も元気にすごしましょう。

生理前 だるさ

生理前症候群、PMSというのは、生理前にホルモンのバランスが

崩れることで起こる、浮腫み、だるさ、腰痛、眠気、貧血などの

症状のことを言います。

あまりに症状が重く、学校に行けなかったり仕事ができないようであれば

婦人科で相談しましょう。

低用量ピルや漢方薬、エクササイズなどで症状を緩和できます。

どの薬が合うかということは個人差が大きいですので

医師とよく相談しましょう。

だるさ トップへ戻る