ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰の原因、症状や治療法についてご紹介しています。

スポンサード リンク
激安通販生活 > ぎっくり腰

ぎっくり腰 応急処置

ぎっくり腰は突然来ますよね。そんな時の応急処置は

「安静にすること」「冷やすこと」。ぎっくり腰というのは腰に炎症が

起こっているんですね。ですから、冷シップや発熱用の冷却ジェルなどで

冷やすことが大切です。外出先でぎっくり腰が起こってしまった時は

とにかく安静にできる場所を確保しましょう。道の端でも何でも、

身体の安全と安静を確保し、動けるようになるのを待ちましょう。

動けるようになったらコルセットやさらしで腰を固定します。

腰を動かさないようにすることで、痛みを軽減することができます。

ぎっくり腰 治療

ぎっくり腰になったらまず安静にします。痛みの和らぐ姿勢で横になります。

そして、10分を1セットとして1日数回患部を冷やします。

動かなければいけないときはコルセットやベルトで腰を固定します。

2、3日して痛みが取れてきたら今度は温めます。

ぎっきり腰は筋肉の疲労であり、凝りなので、痛みが取れてきたら

今度は温めて血流をよくします。

非常に痛みの強いぎっくり腰ですが、治療は自宅で安静にすることが

基本です。

ぎっくり腰 症状

ぎっくり腰は急性です。くしゃみをした時や重い物を持った時に

突然痛みに襲われます。歩けなくなる程痛くなることもあります。

腰の痛みの他に、腰から太ももにかけて筋肉の緊張が感じられることも

あります。ぎっくり腰の良い所は、激痛の割りに、3日もすれば

治るというところです。痛めた箇所の炎症が引いてくれば痛みも

治まります。

ぎっくり腰 原因

ぎっくり腰の原因は生活習慣が作り出しています。

姿勢が悪い、肥満気味、長時間車によく乗る、ハイヒールをよく履いている、

イスに浅く座る、喫煙する、重いものを中腰で持つ、などなど。

これらの行為は腰に負担を与えます。腰の筋肉を疲労させ、

血の巡りを悪くし、遂にはぎっくり腰を引き起こします。

普段から姿勢によく注意し、腰になるべく負担を与えないことが大切です。

ぎっくり腰 病院

ぎっくり腰になった時にかかる診療科は整形外科です。

鍼灸やカイロプラクティック、整体などの代替医療機関で施術してもらうのは、

ぎっくり腰の原因がはっきりしてからにした方が懸命です。

てっきりぎっくり腰だと思っていたら、実は椎間板ヘルニアだったとか、

婦人科系の病気だったとか、腫瘍から来ている痛みだったというように、

深刻な疾患から起こっている可能性もあるからです。

まずは整形外科を受診して原因を確かめましょう。

ぎっくり腰 トップへ戻る