ミサンガ 作り方

ミサンガ 作り方

ミサンガの作り方を簡単にまとめてあります。

スポンサード リンク
激安通販生活 > ミサンガ 作り方

簡単 ミサンガ 作り方

いつも手首や足首に付けて、切れたときに願いが叶う、

ミサンガはそんな夢のあるブレスレット。

このミサンガを自分用に、そして大切な人のために手作りしてみませんか。

まずは練習を兼ねて簡単な物から。

好きな色の毛糸や刺繍糸、皮ひもなどを3色用意して

三つ編みにしましょう。

長さは1mくらいでOKです。

三つ編みタイプのミサンガができたら、最も基本的な編み方である

斜め模様のミサンガに挑戦してみましょう。

ミサンガ 作り方 文字

ミサンガは色使いで変化を付けるだけでなく

文字を入れたり、ハートなどの記号を表現したり、複雑な模様を仕込んだりできます。

文字などを表すには、前もってデザインを紙に下書きしておきます。

そして、ベースになる縦糸の色と、文字や記号になる横糸の色を分けます。

横糸の色が表面に出るように編むことで文字や記号が浮かびあがってきます。

急いで作りたいときや初心者の方が文字を入れる時は

アルファベットを使うとデザインしやすいですよ。

ミサンガ 作り方 ハート

ミサンガにハートの模様を入れる、というと、初心者には少し敷居が高く感じられるかもしれません。

ところが、ハートの模様を入れるのはとても簡単なんです。

好きな色の毛糸や刺繍糸を2種類、4本ずつ用意します。

例えば白地にピンクのハートを作るときは

糸を白・ピンク・白・ピンク、ピンク・白・ピンク・白の順にセットします。

さあ、1列目を作りましょう。

1番外側の白い糸を巻き糸として軸糸に巻きつけます。

左側は左(外側)から3本分、3回巻きつけましょう。

右側も右(外側)から3本分、3回巻きつけましょう。

これで一列目は完成です。

あとは同じ作業をひた繰り返します。

好みの長さになるまで続けます。

ミサンガの両端は三つ編みしておきましょう。

ミサンガ 作り方 星

ミサンガ 作り方 星

ミサンガに文字やハート、星などを編みこむ時に

簡単に、効率的にする方法はというと・・・。

お料理と同じで、事前準備、デザイン画をしっかり作っておくことです。

模様がハートや星ですと左右対称ですので

半分できればもう全部できたのと同じです☆

そして、模様は塗りつぶしのタイプにするといいですよ。

編み物は繰り返しの作業ですから

やってみると以外と簡単です!

ミサンガ 作り方 細い

皮ひものミサンガや模様の入ったミサンガは幅がしっかりとありますよね。

幅の細い繊細なミサンガもまた可愛いですよ。

しかも、誰にでもできて、面倒くさくない、簡単中の簡単です。

まず、糸は3本用意しましょう。

長さは70~80センチ位必要です。

一番左の外側の糸を巻き糸とし、右側2本の糸に巻きつけます。

右側は1本ずつにばらして巻きつけずに、2本まとめて巻きつけます。

後はひたすら同じことを繰り返します。

これだけ完成です!

ミサンガ 作り方 トップへ戻る