子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症の原因や症状、治療などについてまとめました。

スポンサード リンク
激安通販生活 > 子宮内膜症

子宮内膜症 症状

子宮内膜症の症状の代表的なものは月経時の強い痛みです。

また、月経量が異常に多かったり、レバー上の塊がでたり、

腰痛、排便痛、性交痛なども症状として考えられます。

また、頭痛や疲労感、月経時以外の下腹部痛などの症状が

起こる人もいます。そして、症状が年々ひどくなっていきます。

これらの症状は自然には治りませんので、治療が必要です。

子宮内膜症 原因

子宮内膜症の原因は実ははっきりとは分かっていません。

月経時に排泄されるべき血液が残ってしまうからではないか、とか、

免疫系の問題ではないか、とか、アレルギーが関係しているのではないか、

などといった仮設が立てられています。

子宮内膜症は痛みを伴いますし、悪化すれば不妊につながるので、

是非とも原因が究明されて、効果的な治療法が行き渡って欲しいものです。

子宮内膜症 治療

子宮内膜症は放っておいても自然治癒はしませんので

治療が必要になります。

治療には、経過観察、鎮痛剤の服用、手術、

低用量ピルの長期服用、カンポウ薬、点鼻薬、注射などの

方法があります。薬物療法は効き目に個人差があります。

根治を目指すには手術をすることになります。

松浦亜弥 子宮内膜症

歌手で女優のあやや、松浦亜弥さんがブログで

子宮内膜症であるとカミングアウトしました。

婦人科系の疾患を公表する勇気に驚きます。芸能人でなくても

こういう問題を公にするのは抵抗がありますよね。

手術はせずに仕事を続けていくそうです。

子宮内膜症は不妊になる可能性も伴いますから

上手く治療を続けて輝き続けて欲しいですね。

子宮内膜症 不妊

子宮内膜症を放置しておくと

不妊になる確率が高まっていきます。

不妊の対策としては、自然な受胎を期待して排卵のリズムをよく

確認する方法、ホルモン治療、体外受精などがあります。

内膜症による不妊の疑いがある場合は、手術による治療が最も妊娠を期待できます。

かかりつけの医師と治療方針をよく相談しましょう。

子宮内膜症 トップへ戻る