生理痛

生理痛

生理痛の症状や原因、緩和方法などについてご紹介しています。

スポンサード リンク
激安通販生活 > 生理痛

生理痛 緩和

生理痛を緩和するには様々な方法があります。

まず病気があればそれを治療してしまう。それ以外であれば、

血行を良くする工夫をして痛みの緩和につなげます。

食生活を見直し、タバコや運動不足などの生活習慣を改める、

お風呂にゆっくりと入る、など。また、人によっては

サプリや漢方薬、鍼灸、ツボ押しなどが効果をあげます。

ひたすら我慢して過ごさずに、生理中でも快適な日々を過ごしたいですね。

生理痛 症状

一般的には生理の直前から出血後2、3日までの間に

生理痛を感じるケースが多いようです。

症状としては、下腹部痛や腰痛、頭痛などがあります。また、

これに伴って、貧血、嘔吐、下痢、震え、イライラ、肌荒れ、めまい、

といった症状も起こる場合があります。

婦人科を受診する際には、生理痛が具体的にはどのような症状となって

出ているかというチェックをします。チェックシートはネットで

探せますので、事前に家でしてみると良いですね。

生理痛 ツボ

生理痛に効くツボを幾つかご紹介します。

まず腰ですね。背骨の両脇、おへその高さのところにツボがあります。

背骨から指2本外側の位置に親指を置いて身体をそらします。

そして、お腹。おへそから指1、2本分のところにもツボがあります。

ここも指圧しましょう。

それから手の甲。親指と人差し指がぶつかる少し手前、指先側のツボも

痛みに効きます。

他にも足の内側、くるぶしの上あたりにもあります。幾つか覚えておくと

便利ですよ。

生理痛 原因

生理痛は子宮などの病気から来ているものと、ホルモンバランスの異常や

血行不良から来ているものがあります。また、心理的な要因、ストレスや

偏った食生活、不規則な生活も痛みの原因になります。

婦人科系の疾患は不妊にもつながりますから、子宮筋腫や子宮内膜症などの

病気にかかっていないか速やかに受診して原因を調べましょう。

異常がないのに痛みが強かったり長かったりする時は、

生活でのストレスや食事の栄養面などを検討しましょう。

生理痛 ひどい

生理痛の程度には個人差があります。

ひどい人は動けずにお手洗いにも行けなくなったり、

眠ることも出来ず、嘔吐したり震えたり、

救急車で運ばれるほどの激痛に襲われたりします。

また、生理前から痛みが始まったり、治まるのに何日もかかったりします。

改善するには原因をしっかり突き止めることが大切です。

生理痛 トップへ戻る